読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the modern stone age.

近年はシリコン(石)の半導体から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など徒然と記す。

スポンサーリンク

【RTX1200】ヤマハルータで、お名前.comの独自ドメイン名を使う

前の記事で紹介したように、「お名前.com 」で独自ドメイン名を取得した。私のインターネット環境は@niftyのフレッツ光接続で、固定IPアドレスではないので接続の度にグローバルアドレスが変更される。 独自ドメイン名へのアドレス登録は、お名前.comで無料…

【RTX1200】ヤマハDDNSの登録アドレス変更

ヤマハルータでは、「ネットボランチDNS」というダイナミックDNSサービスが無料で利用できる。このダイナミックDNSサービスへのアドレス更新は、ヤマハのルータではプロバイダ接続時に自動的に行ってくれるので便利である。 今回、登録しているホスト名を変…

【Ubuntu 16.04 LTS Server】RTX1200ルータのログをsyslogサーバで取得

ヤマハルータRTX1200のログを、syslogサーバにより記録する。 尚、サービス名は「rsyslog」。 インストール Ubuntu 16.04ではrsyslogは標準でインストールされているのでインストール不要。 syslog(UDP)を受け付ける設定 /etc/rsyslog.confファイルの下記2行…

【RTX1200】DNSサーバ機能を使う

ヤマハのルータには簡易DNSサーバ機能がある。パソコンなどのホスト情報(IPアドレス)を登録でき、LAN内からのDNS問い合わせに応答するもの。 パソコンのhostsファイルに記述してもよいが、複数パソコンがあるとルータに登録して共通管理した方が便利。 ホ…

RTX1200配下のiPhoneから「スマホdeひかり電話」

前記事でRTX1200のインターネット環境を構築しVPN接続できるようにした。 それで、RTX1200のLAN1配下のiPhoneからセグメントの異なるHGWに接続したひかり電話をかけられるようにする。 ちなみに「スマホdeひかり電話」とは、NTTのホームページで紹介されてい…

ヤマハのルータ「RTX1200」をIPv6プラスで使う

前記事でRTX1200でPPPoE接続による、インターネット通信環境とL2TP/IPsecによるVPNサーバを構築したが、RTX1200配下はIPv4通信なので、IPv6通信も使えるようにする。 我が家の通信環境は@niftyのIPv6プラス(v6接続オプション)の光電話契約付き。 v6接続オプ…

ヤマハルータ「RTX1200」をフレッツ光ネクスト隼で使う(L2TP/IPsec VPNサーバでiPhoneから接続)

この9月に新しくリリースされたアップルのiOS10とmacOSでは、PPTPのVPN接続が廃止された(過去記事)。 これまで我が家ではヤマハのルータNVR500を使ってインターネット環境を構築していたが、NVR500のVPN接続はPPTPだけで、iPhoneから家へのVPN接続が使えな…