読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the modern stone age.

近年はシリコン(石)の半導体から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など徒然と記す。

スポンサーリンク

【T-Kernel】Raspberry Pi用T-KernelをGitHubに公開

Tronフォーラムで公開のオープンソース・リアルタイムOS(T-Kernel2.0 & Extension(T2EX))を、Raspberry Pi にポーティングしたものを GitHub に公開しました。(下記URL) https://github.com/jr4qpv/rpi_t-kernel T-Kernelとは、組み込み機器では多く使わ…

【macOS】シリアル通信を動かす

前の記事で作成した、「Raspberry Pi」用のu-bootを、Macパソコンからでも使えるように、シリアル通信を動かす。 シリアル-USB変換ケーブルの準備 シリアル-USB変換ケーブルは、私はアマゾンから下記を入手。搭載チップはPL2303HX。 Raspberry Pi ラズベリー…

【Raspberry Pi】参考になるベアメタルなドキュメント

1)BCM2835データシート https://cdn-shop.adafruit.com/product-files/2885/BCM2835Datasheet.pdf 2)BCM2835データシート正誤表 BCM2835 datasheet errata - eLinux.org 3)BCM2836 ARM-local peripherals documentation/QA7_rev3.4.pdf at master · ra…

【Raspberry Pi】u-bootのソースを調べる

前の記事で紹介したu-bootですが、Raspberry Piで使うのに、ソースコードを調べた覚え書きメモ。 makeでの機種指定 configs/ フォルダに定義ファイルがあり、Raspberry Pi関係の指定は 機種指定 ターゲット名 機種 備考 rpi_defconfig TARGET_RPI Raspberry …

Raspberry Pi 3では、ACT,PWRのLEDがGPIOから操作できない?

Raspberry Pi 3で、ACT,PWR LEDを点滅させる、Lチカ(LEDチカチカ)プログラムを作ってみようと調べてみたら、どうやらARMのGPIOからでは操作できなくなった模様。 Raspberry Pi 2では、GPIO47,GPIO35に割り当てられていたが、手軽にLチカできなくなって残念。…

【Raspberry Pi】u-bootバイナリファイル公開(JTAGピン有効版)

関連記事で報告の、Raspbery Pi Zero〜3用のコンパイル済みu-bootのバイナリファイルをGitHubに公開(下記URL) https://github.com/jr4qpv/rpi_u-boot_jtag_bins u-boot起動に必要な全てのファイルを同梱。JTAGピンも有効にしてあり、コンパイル環境を揃…

【Raspberry Pi】u-bootでJTAGピンを有効にする

Raspberry Piで、ベアメタルなソフト開発をするのに、JTAGデバックできた方が便利なのだが、初期状態ではJTAGの信号がGPIOコネクタに割り当てられていない。 そこで、u-bootの初期化ソースコードを修正して、JTAGピンを有効化し「JTAGデバッガ」を接続できる…

【Raspberry Pi】u-bootを動かす

前の記事で作成した、u-bootを、「Raspberry Pi」に入れて、動かしてみる。 シリアル接続の準備 u-bootでは、シリアル通信を使って、コマンド入出力する。 シリアル-USB変換ケーブルが必要で、私はアマゾンから下記を入手。搭載チップはPL2303HX。 3.3V信号…

【Ubuntu 16.04 LTS Server】u-bootをコンパイルする

「Raspberry Pi」用に、u-bootをUbuntu 16.04のLinux上でコンパイルする。ARMツールチェーンなどのコンパイル環境は、前回の記事でインストール済の環境を使う。 u-bootソース一式を取得 適当な作業フォルダーで、下記gitコマンドでGitHubから取得(本家サイ…