読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the modern stone age.

近年はシリコン(石)の半導体から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など徒然と記す。

スポンサーリンク

【Ubuntu 16.04 LTS Server】markdown表示のスタイルシート(CSS)を使う

Linux markdown Ubuntu Apache

【Ubuntu 16.04 LTS Server】PHP markdownを使う - Around the modern stone age. の記事で、apacheからmarkdownファイル変換して表示するようにしたが、CSS(スタイルシート)を適用して、もう少し見た目をよくしていく。

私の環境では、apacheのドキュメントルートは、/var/www/homepage にしているので、そこに、markdown用のCSSファイルを取得してきて置く。

# cd /var/www/homepage
# get clone https://github.com/jasonm23/markdown-css-themes

これで、markdown-css-themes いくつかのCSSファイルが取得できた。 この取得したCSSファイルを、先日の記事で作成した md.php に指定する。

# nano md.php
<?php
require_once("php-markdown/Michelf/MarkdownExtra.inc.php");
use Michelf\MarkdownExtra;

if ( isset($_SERVER['PATH_TRANSLATED']) ) {
    $file = realpath($_SERVER['PATH_TRANSLATED']);
    $ext = substr($file, strrpos($file, '.') + 1);
}

if ( $file and is_readable($file) and $ext

===

 'md') {
    $html = MarkdownExtra::defaultTransform(file_get_contents($file));
} else {
    $html = '<p>cannot read file</p>';
}

?>
<html>
  <head>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/markdown-css-themes/swiss.css">
  </head>
  <body>
    <?php print $html; ?>
  </body>
</html>

Webブラウザから、markdownファイルを表示して確認。好みによって、他のCSSファイルを指定する。

CSSファイルの入手先