読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Around the modern stone age.

近年はシリコン(石)の半導体から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など徒然と記す。

スポンサーリンク

【Ubuntu 16.04 LTS Server】WordPressサーバをインストール

Ubuntu Linux WordPress MySQL Apache

LAMP環境(Linux + Apache + MySQL + PHP)が揃ったので、WordPress(ブログサーバ)を使えるようにする。尚、LAMP環境のインストールについては、関連記事を参照。

Ubuntu 16.04では、WordPressはaptからインストールできるが試したら英語だったので(もしかしたら変更できる?)、WordPress 日本語を入手しインストールする。

WordPressの取得

任意のフォルダで下記コマンドを実行。日本語WordPressのソース一式を取得し、/usr/share/wordpress/にコピー。

$ wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ tar xvf latest-ja.tar.gz
$ sudo cp -rf wordpress/ /usr/share

MySQLの設定

wordpressのDBを作成、ユーザはphpmyadminを利用。

$ mysql -u root -p

mysql> create database wordpress;
Query OK, 1 row affected (0.08 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO 'phpmyadmin'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.14 sec)

mysql> exit
Bye

WordPressの設定

wp-config.phpファイルの作成し、DB情報を編集登録。

$ cd /usr/share/wordpress/
$ sudo cp wp-config-sample.php wp-config.php
$ sudo nano wp-config.php

下記の箇所を編集

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'phpmyadmin');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

Apacheの設定

下記の/etc/apache2/sites-available/wordpress.confファイルを作成。

$ sudo -e /etc/apache2/sites-available/wordpress.conf
Alias /blog /usr/share/wordpress
<Directory /usr/share/wordpress>
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride Limit Options FileInfo
    DirectoryIndex index.php
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
<Directory /usr/share/wordpress/wp-content>
    Options FollowSymLinks
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

下記コマンドで、サイトの有効化とApacheの再起動。

$ sudo a2ensite wordpress
$ sudo service apache2 restart

WordPressサイトのURLは、http://[サーバIP]/blog/となる。

WordPressの初期設定

Webブラウザから下記URLにアクセス

http://[サーバIP]/blog/wp-admin/install.php

サイト名、ユーザ名、パスワード、メールアドレス入力画面を入力。
最後のチェックボックスはチェックを入れることで検索エンジンに引っからないよう。

f:id:jr4qpv:20170131091344p:plain

外部インターネットからアクセス

ルータの静的NAT設定は必要ではあるが、外部インターネットからWordPressへのアクセスを試したら、最初アクセスできなかった。
どうやらローカルIPアドレスのページを開こうとしているようだった。インストールする時のURLは外部インターネットから名前解決できるURLからするべきだったようだ。再インストールしてもよいが、下記箇所のMySQLのテーブルを修正すればOKになった。

f:id:jr4qpv:20170202212808p:plain

phpMyAdminから修正した。wp_optionテーブルの、siteurlhomeのフィールドがローカルIPアドレスになっていたが、下記のようなインターネットからも名前解決できるURLに変更。

http://hoge.aa0.netvolante.jp

補足

  • WordPressの管理画面は、http://[サーバIP]/blog/wp-admin/にアクセス。
  • WordPressのアップグレードは、http://[サーバIP]/blog/wp-admin/update-core.phpにアクセス。
  • apacheでサイトを無効にするには、sudo a2dissite wordpress

関連記事

参考

  1. WordPress
  2. WordPress のインストール - WordPress Codex 日本語版
  3. 日本語 — WordPress
  4. インフラエンジニアがWordPressを構築する。(Ubuntu16.04) - Qiita

エンジニアのためのWordPress開発入門 (Engineer's Library)

エンジニアのためのWordPress開発入門 (Engineer's Library)

  • 作者: 野島祐慈,菱川拓郎,杉田知至,細谷崇,枢木くっくる
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る